TAIKAN

スタッフ

スタッフ

たいかん鍼灸治療院スタッフ
  • 院長 小林 祐一Yuuichi Kobayashi
  • 鍼灸師 小林 真希Maki Kobayashi
院長小林 祐一
  • 保有資格
    • 柔道整復師(国家資格)
    • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー(認定資格)
  • トレーナー実績
    • よしだ整形外科クリニックリハビリテーション科勤務
    • 常葉大学浜松キャンパスサッカー部専属トレーナー
    • 岩手国体静岡県トライアスロンチーム
    • 実業団バイクレーサー(専属トレーニングサポート)
    • ウィンドサーフィン選手(専属トレーニングサポート)
    • 某現役Jリーガー(専属トレーニングサポート))

5年後・10年後の楽しい人生につながるサポートを心掛けてます。

よいカラダ、理想のカラダを手に入れるために必要なことはまず、「自分のカラダのことをよく知り、理解すること」です。運動を長く続け、健康を保ち続けるため、カラダを整えるトレーニング、ストレッチなどのセルフケアのご提案をさせて頂いております。お客様それぞれの問題解決や目標達成を最短距離で導き、5年後、10年後の楽しい人生に繋がるサポートをさせていただけるような存在でありたいと思っています。

  • 整体施術中
  • 「自分と同じように怪我や痛みで困っている人を助けたい」

    私は、幼少期からサッカー一筋(10年間)で大事な試合や選考会の前に、よく大きな怪我をしてしまい私の競技人生は挫折の連続でした。

    「自分は、どうして大事な時に怪我をしてしまうのか?」
    この時の疑問が、私がこの道に進むターニングポイントの一つでした。

    膝の靭帯を断裂し、選手生命は絶たれましたが、サポート側でスポーツに携わりたい。漠然な夢を持ったまま高校最後の年を過ごしました。就職と進学で悩んでいる中、「自分と同じように怪我や痛みで困っている人を助けたい」
    という気持ちが強くなり、医療の道に進学を決意し、柔道整復師の学科を3年間通いました。

    その後は、夜間のアスレティックトレーナー学科に通いながら、接骨院で知識と技術を磨きました。 卒業後、名古屋の整形外科病院リハビリテーション科に勤務。小学生~高齢者の方々のリハビリ、トレーニング指導を担当させて頂く中で、「整える×緩める×鍛える」を組み合わせる事の重要性を実感しました。

  • 体幹トレーニング
  • 関接の動きをスムーズにする独自の施術スタイルを確立

    整形外科病院では、1日に40人近くの患者様を診るため、一人15分〜20分しか関わる事が出来ませんでした。治療をしていく中で、「もう少し患者様に携わる時間があれば」と、葛藤の中で日々を過ごしていました。

    そして、いつしか目の前の患者様のために自分の持っている全てを注ぎたいと思うようになりました。この経験から、私が治療家として歩んでいく信念のひとつとして、【よりよい効果の追求と提供】があります。

    5年前に立ち上げた体幹トレーニングスタジオTAiKANで「もう手術しかない」「どこに行っても痛みがとれない」「5mも歩けない」といった重症患者様のサポートに携わるようになり、毎日必死に向き合ってきました。その努力は誰にも負けません。

    そして何度も試行錯誤を繰り返し、体の奥深くで凝り固まった深層筋・筋膜の詰まりにアプローチする事で、関節の動きをスムーズにする独自の施術スタイルにたどり着きました。

  • 院長 小林祐一
  • 「大事なのは凝り固まった詰まりのない体と良い姿勢」

    血液の流れが悪いと筋肉が硬くなって、可動域が狭まり良い姿勢が取れなくなります。その結果、違う所が引っ張られて世間一般に言われる歪みとなり症状が強く出てしまいます。また、動きが悪い所があると他の場所がそこを補うため、負担がおおきくなり症状が出る場合もあります。身体の痛みやお悩みは、人それぞれ違います。

    周りの方と同じ治療やトレーニングでは、あなたが求めている結果を得ることが出来ません。確実に言えるのは「整える×緩める×鍛える」を組み合わせることで、正しい姿勢、正しい動き方、正しい筋肉の付き方になれば、痛みの原因が根本改善されていきます。

    当院は、「整える×緩める×鍛える」をひとつにした、卒業・ゴールのある治療院を目指します。

鍼灸師小林 真希
  • 美容鍼灸施術中
  • 私は思春期から肌荒れに悩んでいました。

    思春期にできるニキビは、おでこ、頬、首など目立つところばかりにでき、消したい気持ちが強かったです。そのため、「効果がある」と思われるものは使い、試行錯誤しながらニキビを減らすことをがんばっていました。

    7年前に転職した接骨院で偶然「美容鍼」を知りました。
    美容鍼に興味もあり、一度施術してもらいました。美容鍼を受ける前は、顔の鍼自体に怖さがあり、「敏感な顔に鍼をするのは痛そう」と思い、「即効性があると聞いているけど、すぐに変化があるわけがない」と半信半疑でした。 でも実際の施術では、鍼の痛みは「チクッとした感じ」で我慢しないといけない痛みではなく、その刺激により施術中の顔に置鍼をしているときから、顔が徐々に暖かくなるのがわかり、効果が実感できました。

    一回だけでも効果があり、続けていくうちに顔色も良くなり、肌が改善していると実感できました。自分の肌を知る自分だからこそ、違いに気付き、感動した事を今でも鮮明に覚えています。

  • 鍼灸師小林真希
  • 「大事なのは表情筋への刺激と冷えの改善」

    子育てもあり、自分の肌にかけるスキンケアの時間を補う為に、インディバと美容鍼でお肌の調子を整えたところ、吹き出物がなくなりハリツヤのある肌に変わりました。

    自分自身の実体験から、鍼が苦手な方や初めての方でも安心して受けて頂けるインディバ×鍼灸という独自の施術スタイルにたどり着きました。

    筋肉に刺激を加えることで、普段なかなか使う事のない表情を作る筋肉が動きやすくなり、表情が作りやすくなります。また体の冷えを改善し、お顔の血行促進をする事により、ターンオーバーが正常化し、お肌が綺麗に変わっていきます。

    当院には美容や健康に関する様々なお悩みの方がご来院されます。
    その日のお客様一人ひとりとの体調や体質、症状に合わせ、鍼やお灸、インディバを厳選し、身体の変化に応じた施術を提案致します。