「肘の外側ズキッとする痛み」ほっといたままでいいの?

上腕骨外側上顆炎 テニス肘

ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

浜松市中区幸にあります【四十肩・五十肩・肩こり・腰痛・姿勢改善】お任せください。

たいかん鍼灸治療院 院長小林祐一です。

本日、初診の方でこんな事でお困りの方が来院されました。

肘を伸ばして物をつかんだり、持ち上げたりタオルを絞ったりする際に「肘の外側」が痛い。

肘の外側の骨の近くで炎症が起こって痛みが生じる「上腕骨外側上顆炎(テニス肘)」をご存じですか?

「肘の外側ズキッとする痛み」上腕骨外側上顆炎こんな怪我

上腕骨外側上顆炎 テニス肘

年齢とともに質が劣化して傷んできた肘の外側の筋肉を使い過ぎた結果、肘の外側の骨の近くで炎症が起こって痛みが生じる慢性障害です。

中高年のテニス愛好家がこの病気になることが多いので、通称「テニス肘」と呼ばれています。

パソコンのキーボード操作で指を伸ばす動きを繰り返す事務職の方に多く起こります。

 

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の症状

上腕骨外側上顆炎 テニス肘

短橈側手根伸筋は手首(手関節)を伸ばす働きがあるので、物をつかんで持ち上げたりタオルを絞ったりするときなどに肘の外側が痛くなります。

多くの場合は安静時の痛みはありません。

 

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の治療法

浜松たいかん鍼灸治療院 施術

一番大事なことは、原因となる手の動きをやめて安静にすることです。

基本的には保存療法で症状をある程度コントロールすることが可能です。そのため、手術まで至るケースはあまり多くありません。

 

予防の為の豆知識

上腕骨外側上顆炎 ストレッチ画像

手首や指のストレッチをこまめに行い、筋肉の柔軟性を高めることで発生しにくくなるといわれているため、安静を保つ以外の具体的な方法として、入浴後などの決まった時間にストレッチを毎日するとよいでしょう。

痛みがある状態でストレッチをすると、かえって症状を強めることもあるので、痛みが収まるまでは安静にしましょう。

 

こんな事でお困りではないですか?

慢性腰痛肩こり首の痛み膝の痛み股関節痛などでお困りの方
病院や治療院で改善されない方

こちらをクリック

三角矢印

症状改善・痛み緩和

たいかん鍼灸治療院 自己紹介動画

動画を最後までご覧いただきご質問・お問い合わせなどありましたら当院までお気軽にお問い合わせください。

【ご質問・お問い合わせ】

お電話でのお問い合わせ

053-569-8706

電話受付時間 10:00~21:00(火曜定休日)

24時間いつでも簡単!1分で予約完了

同業者の治療家から治療技術の高さを評価されています。

浜松 たいかん鍼灸治療院 セミナー風景

整形外科、スポーツ現場など12年以上の実績から積み上げたノウハウ、治療技術を施術者向けにYouTubeで動画配信・技術セミナー主催