【45歳〜55歳前後の更年期障害】モヤモヤ期の原因は「冷え症」が原因!︎その解決方法教えます。

更年期障害

実際に来院された患者様の実体験のお話。

娘と買い物に出かけた時に入り口で検温をしまして、

   ん?35℃台?!?!「低〜〜〜っ!

   私、もともと基礎体温は高い方じゃなかったんですが45歳〜55 特有のモヤモヤ期

  を迎えてから

上半身は、ほてっているのに  下半身は極端に寒い

肌荒れ、ガチガチなイライラ頭ズキズキ、いつも倦怠感と次から次に不調が

更年期障害の冷えの特徴は、急にカーッとほてって滝のような汗が出るホットフラッシュを伴うことが多いということ。 

血管が拡張しすぎるとホットフラッシュが現れ、収縮しすぎると血液の循環が悪くなって冷えにつながります。

45歳〜55歳前後の更年期障害のモヤモヤ期の原因は、「冷え症」が原因!その解決方法教えます。

45歳〜55歳特有の更年期障害のモヤモヤ期の原因とは?

更年期障害

女性ホルモンの急激な低下で自律神経の乱れが血液の巡りを悪くしてしまいます。

血流が良いと血液を通して子宮、卵巣などカラダ中に栄養が行き渡り女性ホルモンを促す信号も正常に届きます。

   そして血液が巡ると毛細血管へ温かい血液が流れる仕組みになります。

血液の巡りが悪いと栄養が行き届かなくて
老廃物も溜まって、さまざまな不調が深刻になる前に早めに巡りを良くする温活ケアをしましょう。

更年期に気を付けたいこと

更年期障害

この時期にはさまざまな症状が現れるために、そのすべてが更年期によるものと決めつけてしまいがちです。

じつは別の病気だったということもありますから、からだや心の不調を感じたら、まず更年期によるものかどうかを確認することが大切です。

 

更年期症状の対策

更年期障害

更年期の症状は非常に多彩で、日によって症状がコロコロ変わったり、いくつもの症状が重なって起こったりしますが、原因はすべて同じです。

卵巣機能の低下から女性ホルモンの急激な分泌量低下による自律神経の乱れで起こるのです。

一つ一つの症状に対しては対症療法を行います。(冷えには手足を温めるような冷え対策、頭痛には鎮痛薬を服用するなど)さらに自律神経のバランスを整えることを心がけ、常にリラックスした状態を意識します。

また、この時期に一番大切なのは、日常生活の改善、つまり食事、運動、休息といった基本的なことがとても重要です。

今までの生活を振りかえり、生活習慣を改善しましょう。

 

更年期障害の治療頻度の目安

浜松 たいかん鍼灸治療院 疲労回復

①1~10回程度まで気になる症状を感じなくなるまで。来院頻度(週1)

②その後、カラダを保持する為に少しずつ間隔を伸ばしていきます。 来院頻度(2週に1回)

③予防とメンテナンスに継続をおすすめします。 来院頻度(月1回)

 

そのお悩み!身体の冷えが原因かも

女性にとって冷えは万病のもと!
美人の体温は36.7℃と言われています。あなたの体温は何度ですか?

三角矢印

インディバとお灸でポカポカ温活習慣!

浜松 たいかん鍼灸治療院 冷え性改善 お灸施術

じっくり内臓から温める事で、生理不順、冷え性、低体温、腸内環境の不調、体質改善、免疫力アップなど、美容面・健康面から、女性の美と健康をサポートします。
自律神経バランス改善、ホルモンバランス改善効果もあり、免疫力向上でストレスに負けない体を作ります。

冷え症・更年期障害

たいかん鍼灸治療院 自己紹介動画

動画を最後までご覧いただきご質問・お問い合わせなどありましたら当院までお気軽にお問い合わせください。

【ご質問・お問い合わせ】

お電話でのお問い合わせ

053-569-8706

電話受付時間 10:00~21:00(火曜定休日)

24時間いつでも簡単!1分予約完了

同業者の治療家から治療技術の高さを評価されています。

浜松 たいかん鍼灸治療院 セミナー風景

整形外科、スポーツ現場など12年以上の実績から積み上げたノウハウ、治療技術を施術者向けにYouTubeで動画配信・技術セミナー主催