冷え性が改善されない原因は、食事にあった!?冷え対策に必要な食品ご紹介します。

鉄分

「冬は手先、足先が冷たくてツラい…」
「夏はクーラーが効いた職場がツラい…」

季節に関係なく、いつも「冷え」に悩まされていませんか?

湯船にゆっくり浸かったり、重ね着してみても、
なかなか温かさを感じられない…といった経験がある方も多いはず。

でも実は今、そのツラい「冷えの悩み」の救世主となる “裏ワザ” が話題になっているんです!

今回はまず、その「体が冷えやすくなってしまう原因」の血流が滞る=血流不全についてお話たいと思います。

体が冷える大きな原因の1つに『血液が滞る=血流不全』

デスクワーク 冷え性 脚のむくみ

血液の流れが悪いと、体のめぐりが滞って、体を温めることが難しくなります。

まずは、皆さんの「体の冷たさレベル」を測ってみましょう。
みなさんは、以下の項目のなかで、いくつ当てはまりますか?」

あなたはどれくらい冷えている?

浜松 たいかん鍼灸治療 冷え性改善メニュー 

①いつでも膝掛けや靴下が手放せない
②身体がだるくてぐったり
③肩がこる
④立ちくらみしやすい
⑤脚がむくむ
⑥少しの運動でも息切れや動悸する
⑦汗っかき
⑧暑がりなのに、足は冷たい
⑨お腹を触ると冷たい
⑩まわりの人に顔色が悪いといわれる

『冷え』を放っておけば、健康面だけでなく、美容面にも影響が出る可能性もあります。

『冷えるのはいつものこと…』と放置せずに、早めに対処するのが肝心です。」

 

「冷えやすい体」の方!根本的な原因である『鉄分不足』から対策を行っていくのがオススメ!!

鉄分

鉄分を多く含んでいると言われている食品といえば、

・レバー
・緑黄色野菜
・プルーン

が有名です。

レバー にんしん 

鉄分は1日に「10mg」の摂取することを推奨されていますが、

日本人の食品からの1日の摂取量は平均「8mg」※と毎日「2mg」が足りていない状態です。※平成27年の「国民健康・栄養調査」より

「2mgの鉄分」といえば、
レバーなら「約50g」、プルーンなら「約15個分」に相当します。

これらを毎日食べ続けるのは難しいですよね。。

そのお悩み!身体の冷えが原因かも

女性にとって冷えは万病のもと!
美人の体温は36.7℃と言われています。あなたの体温は何度ですか?

三角矢印

インディバとお灸でポカポカ温活習慣!

浜松 たいかん鍼灸治療院 冷え性改善 お灸施術

じっくり内臓から温める事で、生理不順、冷え性、低体温、腸内環境の不調、体質改善、免疫力アップなど、美容面・健康面から、女性の美と健康をサポートします。
自律神経バランス改善、ホルモンバランス改善効果もあり、免疫力向上でストレスに負けない体を作ります。

冷え性

たいかん鍼灸治療院 自己紹介動画

動画を最後までご覧いただきご質問・お問い合わせなどありましたら当院までお気軽にお問い合わせください。

【ご質問・お問い合わせ】

お電話でのお問い合わせ

053-569-8706

電話受付時間 10:00~21:00(火曜定休日)

24時間いつでも簡単!1分予約完了

美容鍼灸が、肌トラブルで困っていた私の肌を助けてくれました。

浜松 たいかん鍼灸治療院 美容鍼灸私自身、出産後に肌荒れや乾燥がひどくなったり吹き出物が出たりと肌トラブルに悩まされました。

子育てもあり、自分の肌にかけるスキンケアの時間を補う為に美容鍼灸でお肌の調子整えたところ、吹き出物がなくなりハリツヤのある肌に変わりました。